会社設立をするなら|夢を叶える秘策がここにある

ウーマン

上手に始めるために

試してみよう

ハウスクリーニングというと、各ご家庭に伺ってあちこちを掃除する、というイメージを持っている人もいるようですが、もちろんそれだけでなく、店舗に行って清掃を行う場合もあります。どのような作業をするのかによってもかなり違ってくるのですが、その気になればハウスクリーニングという仕事は一人でもできてしまうので、独立開業するにはハードルが低い職種であると言えます。必要な道具といえば、床を磨く機械と洗剤、ワックス、モップ、ぞうきん、バケツ、それらを積んで運ぶための軽トラックがあれば良いでしょう。ハウスクリーニングを開業してから少しずつ足りないものを購入していけば、初期費用も抑えられます。興味があるのなら、挑戦してみると良いでしょう。

人脈もできる

今までに清掃の仕事をしたことがない場合、どこかのハウスクリーニング会社で働いてみてから、開業することをおすすめします。というのも、ハウスクリーニングは掃除をするだけとは言っても、いわゆる掃いたり拭いたりすれば良いだけというものではありません。そもそもその程度で済むなら、お金を払ってまでプロを雇う理由がないからです。つまりハウスクリーニングを開業するということは、素人では落とせない汚れや、時には高くて手が届かない場所の掃除をしなければならないのです。そのノウハウを勉強したり、ちょっとしたコツを知るために、一度ハウスクリーニングで働いておくと良いのです。また、いろんな現場に行くことで人脈ができ、開業する時に役立つこともあります。