会社設立をするなら|夢を叶える秘策がここにある

男の人

上手に始めるために

ハウスクリーニングというのは、やる気さえあれば一人でも開業できるので、興味があるなら挑戦してみると良いでしょう。ただ、その前にどこかのハウスクリーニング会社で働いてみてから開業することで、技術を学べますし、人脈もできます。

詳細を確認する

一億総活躍社会のニーズ

一億総活躍社会になると、家庭の女性も働く機会は増えるので、ハウスクリーニングに対するニーズが高まります。ハウスクリーニングを開業する際には、労働集約型ということで労務管理を重点として体制を整備する必要があります。最初にきちんとした仕事を行い、口コミで顧客を増やすことが成功の鍵となります。

詳細を確認する

独立の支援サービスが人気

ハウスクリーニングを開業する時に、開業の支援サービスを利用する事が人気になっています。ハウスクリーニングに必要な技術や知識を教えてもらうことができるため、スムーズに開業することが可能となるのです。

詳細を確認する

準備と方法

街

心配ない

それまでにどこかのハウスクリーニング会社で働いていたというのなら、十分な技術があるでしょうから、開業してもそれほど心配はいりません。自分次第でいくらでも稼げる仕事なので、思う存分能力を発揮すれば良いでしょう。ただ、問題は今までに一度もハウスクリーニングという仕事をしたことがないという場合です。床を磨いてワックスをかける、たったこれだけのことですが、お客さんが満足するほどの出来にするには、それなりの技術が必要です。そこで、開業した直後というのは、すぐに仕事がもらえるケースは稀ですから、その間にハウスクリーニングの勉強をしておくことをおすすめします。可能であるなら、無料でどこかのハウスクリーニングをさせてもらっておけば、経験が積めるのでおすすめです。

方法

東京で会社設立してから、安定して仕事が入ってくるのか、きちんと作業ができるのか気がかりであれば、フランチャイズ契約というものを検討してみると良いです。東京にあるコンビニなどと同様に、大手のハウスクリーニング会社の看板を貸してもらい、営業するという方法です。メリットは何と言っても、会社設立までの支援とその後のサポートです。機械の扱いや、どのような汚れにはどの洗剤を使うと良いのか、といった研修を受けさせてくれますし、場合によっては仕事を紹介してくれることも珍しくはありません。そして道具に関しても、独自に開発したものを使わせてもらえるなど、特に初心者にとってはありがたいです。もちろん売り上げのいくらかを支払うことにはなりますが、その価値は十分にあります。